性格による母乳育児の悩み

母乳を与えることが幸せ絶頂でいつまでたってもあげてしまうママ。

はたまた、母乳あげるのが面倒でさっさとミルクに切り替えるママ。

どちらも正解ではありませんがここまで違うと人っていろいろだなぁと思います。

そんな性格による母乳育児の環境。

それはママではなく赤ちゃんが影響していることも。

そんな性格による違いで出るパターンを紹介します。

 

自分の子でも色々性格違う母乳育児生活

2人子供を出産し、2人とも母乳で育てました。母乳の出は良かったのですが、想定外の事が色々とありました。

まず、姉の子供はミルクだったのですが、目が覚めてもおしゃぶりがあればよく眠っていっていました。私の子供もそうだろうと思いおしゃぶりを用意したのに、嫌がって吐き出すだけで、おしゃぶりは使えませんでした。

周りもミルクで育てた子はおしゃぶりを嫌がらなかったというのは聞きました。母乳の乳首の感じと、ゴムの感じは違うので、もしかしたらそれが原因かなと思いました。

また、ミルクよりも母乳の方が消化がいいのか、目を覚ます感覚がとても早く、まとまった睡眠がなかなか取れませんでした。

実家に帰っていた時も、ミルクではなかったので、泣いて目を覚ました時に誰かに代わってもらう事も出来なかったので、辛かったです。

あとは、食べ物にもかなり気を使わなくてはいけなかったのが大変でした。油物とか洋食を食べると、すぐに胸が張って大変でした。

母乳育児でも、下の子は風邪を引いて入院したので、免疫とかあまり関係ないのかなと思います。

 

母乳をあげること自体がストレスになる

当たり前ですが、母乳育児では母親でないと授乳できません。
常に自分でないと駄目だという事に、かなりストレスを感じていました。

子供が一人だけだったので、特に強く感じたのかもしれません。
二人目以降だったら、育児はこんなものという見通しがたっていたかもと思います。

子供と常時一緒でなければならない生活は、子供と密着できたという点では良いでしょうが、時に閉塞感を覚えます。

子供が幼なければ幼い程、母親がいつもそばにいるのは、子供にとって必要な気がしますが、母親にもひととき解放される時間が欲しいです。

また、外出先ではどこでも授乳できる訳ではないので、授乳できる場所を探さなければならないのが手間でした。

授乳できる場所が前もってわかればそのチェックをし、授乳時間の見当をつけて外出予定を決めたりしました。

生後半年位と思いますが、毎日の授乳で乳首が傷んできました。

授乳の度に痛むのが辛かったです。

産婦人科で塗り薬を処方されましたが、普通の炎症止めでした。

赤ちゃんが口に含むのに大丈夫なのか不安でしたが、薬を塗って時間をおいて授乳する工夫をしていました。