フリスクやミンティアで口臭が悪化したマジでヤバイ

できるサラリーマンの常備品とも言える清涼菓子のミンティアやフリスク。

一時的な口臭とか、あの刺激がいいといってエチケットして食べている人は多いと思います。

私が知る限り結構モテる人というのは常備されているかなぁと思いました。

そんなフリスクやミンティアですが、あまり信頼性を置くのはよろしくないということをお伝えしておきます。

口臭自体には正直なところ全く効果がないのです。

 

フリスクやミンティアの成分を見てみましょう。

アスパルテーム・・・アミノ酸が二つつながったものにちょっと小細工が入った合成甘味料。 L-フェニルアラニン・・・人間の体内に普遍的にあるアミノ酸。 ショ糖エステル・・・いわゆる砂糖の成分と、脂肪酸を合成したもの。

フリスク成分で検索して一番上に出てきたものです。

ミンティアの成分は

甘味料(ソルビトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料、ショ糖エステル、微粒酸化ケイ素、カフェイン、クチナシ色素、(一部にゼラチンを含む)

公式サイトから引用しました。

結局の所「香料」によるフレーバーの刺激によって臭いを押さえつけているだけであって、口臭自体に効果がある成分はふくまれていないということです。

口臭自体に効果がある成分については

クロロフィル

柿渋エキス

シソの実エキス

ラクトフェリン

など。残念ながら含まれていません。

ですから、口臭対策だといってミンティアやフリスクばかりたべていても口臭自体は全く解消されない状態。山火事にバケツの水で消火しているようなものといっていいでしょう。

フレーバーに過信しすぎて余計に口臭が悪化し、ミンティアやフリスクに常時たよらないといけないという悪循環にハマってしまいます。

これらの製品はマスキングといって臭いものに蓋をするタイプ。

フランスの中世は糞や小便を垂れ流しで悪臭にまみれていました。これをごまかすために開発されたのが香水。

これと同じような状況を作り出しているわけですね。口臭が強ければより強い香料と量を求めるようになってしまいます。

 

これらを解消するためにも上記で書いたように有効成分が含まれる口臭サプリを使用するようにしましょう。もちろん普段のオーラルケアは重要ですが。

口臭サプリコスパ

ガチ系の口臭サプリでも公式お試しキャンペーンを利用すればほぼワンコインで購入できてしまう裏技があります。

ちょっとした口臭対策ならミンティアやフリスクは重宝します。

ただ、本当に口臭に悩んでいるならしっかりとした有効成分を使用したサプリを使用しましょう。